キビ拾い




昨日は急遽、ブログにたびたび登場して頂いている青年団長のりゅうぞうさんのお手伝いをさせてもらえることになりました!

タイトルの”キビ拾い”は、サトウキビをかさぐ大型機械のハーベスターで刈り切れずに残ったキビの茎や根っこを畑から取り除く作業のことです。

刈り残しをそのままにした状態では耕運機を打てないので、手作業で一つ一つ取り除いていきます。

↑かがんだ状態での作業は腰にきました😅

この作業後に少し肥やし撒きと石灰撒きを手伝わせてもらいました。

トラクターに肥やし撒き用のアタッチメントを取り付けて一気に巻くととても早かったです…!

僕達だけで肥やしや石灰を巻くときは

この専門器具を使うのですが(これも手撒きより断然早い)、トラクターは

さらに段違いのスピードでした。

↑庭仕事中に現れたキノボリトカゲ

↓大阪近辺ではなかなか見れなかったオオサギ


固有種や珍しい生き物がたくさん見れる島。徳之島!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です